Work 1 2 3

THE HOUSE

和歌山市/2017年9月

結婚15年目のプレゼントとして、妻と子どものために設計した家です。

自然を感じながら暮らしたい―。その思いから、三角屋根に設けた天窓と中庭から屋外の風景、光や風を屋内に取り込むよう計画。すべての部屋を中庭に面してレイアウトすることで、日差しが隅々まで行き渡り、明るく開放的な屋内空間をかなえました。

一方、外部から屋内への視線は遮断したかったので、道路側には窓を設けず、前面道路から中庭が見えないよう壁を設置し、プライバシーを確保しています。外観正面は、三角形が最も美しく見える黄金比の二等辺三角形の屋根でシンボリックな印象に。

1階17坪とロフト8坪。コンパクトな家ですが、屋内にいても空や緑、光を存分に感じながらのびのび暮らせる満足度の高い住まいに仕上がりました。