白い石畳の家

和歌山市/2009年7月竣工

この建物は旧市街の伝統的な建物とモダンな建物の混在する地域に位置しています。
建物ファサードは外壁に白い割れ肌の天然石と白い左官塗りの自然素材とし、エントランス吹き抜けホールの壁を曲面として熱線反射ガラスによるミラー状のガラスを用いるなど、この地域に調和し、新たなインパクトを感じられるような外観としました。
建物の外と中を結ぶアプローチの距離感や、しつらえ方によりここを通る人の気持ちにとって大切な空間ととらえています。アプローチの床は白い真っすぐな石英質の石畳、柱と梁、パーゴラの列柱は左官による豆砂利洗い出しとステンレス板による組み合わせにして玄関までのアプローチに奥行感を持たせました。
部屋の配置は動線的にプライベートな空間とパブリックな空間を東と西に分けリビングを共通の空間としました。
このリビングの視線を制御する方法として収納引き戸を設けました。
南北にやや縦長の敷地であり、北側道路から白い石畳のアプローチを通り、エントランスを抜けると明るく落ち着いたLDKへと続きます。
ダイニング天井化粧梁はマツの無垢材を現場で大工さんにチョウナ斫りをしていただいて質感を味わえるようにしました。
食事室隣の階段段板をマツの無垢材で壁からはね出し、その下周辺の床を1段下げて、落ち着いて、くつろげるファミリールームとしました。