段丘の家

和歌山市/2017年3月竣工

紀泉山脈の南面する山裾に、ひな壇状に造成された土地があり、その一画に計画地がある。坂を登っていくと、やがて計画地に到達する。
駐車場に車を止め、両側に植栽されたアプローチを通り、玄関に入ると正面は大きなガラスとなり、ここから陽が燦々と入り正面にシンボリックなオリーブの木が植えられている。居間に入ると、パッと広く大きなリビングが広がっている。
ここには間接照明が施され、20帖あまりのゆったりとした空間に、書斎コーナーも併設されている。明るく風通しのよいこの部屋からは、遠くに和歌山城の天守閣を望むことができる。自慢のビューポイントである。
脱衣洗面からは、バスコートに続きさわやかな風を受けながら、ゆっくりと入浴を楽しめる空間とした。また、キッチンの裏にはユーティリティスペースがあり、この勝手口は駐車場につながり、雨天時の出入りやゴミの出し入れとしても機能的な動線としています。